部屋探しで、物件を比較検討するための情報収集活動

部屋探しで、物件を比較検討するための情報収集活動

今はインターネット時代です。

一昔前なら、賃貸情報誌をみるか、不動産に直接行って相談するのが主流でしたが
いまはインターネットでも情報収集して比較検討する形をとることができます。


ヤフーオークションなどネットで買い物をしたことがあるならわかると思いますが、
インターネットには他の人の口コミ情報があったりして読むだけで参考になることも多いです。

とは言っても、賃貸情報誌などを無視するわけではありません。

比較検討するためにすべてに目を通してみるのが理想。

賃貸情報誌の使い方

100円~数百円でコンビニなどにも売っている地域ごとの賃貸情報誌。

あまり遠くに引っ越す場合じゃないときは、本をみるだけでもいいかもしれません。

賃貸情報誌で主にみておきたい部分をチェックリストにしてみます。

  • 住むエリアによる家賃の相場は?(同じ1Kでどのくらいなのか?など)
  • どんな物件がエリア内には多いのか?
  • 駐車場込みなのかどうか?
  • どの不動産会社に聞きに行けばいいのか?

不動産会社

希望しているエリアに直接行くことができる場合は、不動産会社に行く手もアリです。

特に、オススメ物件などは窓に紙で書いて貼ってあったりするので、通ったときにでも目にしておくと良い物件が見つかるかもしれません。

自分の条件がすでにある程度決まっている場合には、直接相談する方法も有力です。

インターネットを使った お部屋探し

引越し先が県外など、情報が少なく、直接見にいけない場合などは不動産情報サイトを活用します。

立地や家賃などの条件を入力すれば、24時間いつでも調べることができるのも便利。

物件の情報がたくさん出てきますので、そこからお部屋探しも可能です。


当サイトが厳選したオススメ不動産情報サイトをいくつか紹介しておきます。

タグ

新生活・引越し 最新情報

関連ニュース