一人暮らしの部屋探しで考えたい条件とは?

一人暮らしの部屋探しで考えたい条件とは?

一人暮らしで一番後悔するのが、「部屋探し」です。

情報収集や物件訪問などの手間を省いて契約してしまったために
あとから「こっちにしておけばよかった・・・」なんて後悔する人が大勢います。


まずは自分が求める条件というのをピックアップして、
妥協できる部分と妥協できない部分を整理しておいて
どういった部屋が理想の物件になるかまとめておきましょう。

条件を絞ってみよう!

その1:家賃は収入の3分の1以下が目安
まず考えたいのが「家賃」。管理費や共益費などをふくめて手取り収入の3分の1以下にするのが目安。給料が毎月15万円前後なら、家賃は50000円前後の部屋にしたいところ。

一人暮らしをはじめると、ほかにも食費・光熱費・携帯電話料金・交際費など、ほかの出費も考えなければならないので、うまくまかなえる計算になります。
その2:住むエリアは限定しすぎないこと
駅前の近くなどは家賃が高いです。少し駅から離れるだけで家賃が相当ちがったりします。ラクだからという意味で乗り換え路線のちかくの物件を選ぶと高めの家賃を払うことになるので、徒歩15分くらいの距離もふくめて探してみましょう。
その3:いつから住みたいのか明確にすること
不動産会社も物件を紹介するときに、どういった条件なのかあやふやな状態でこられると対応に困ったりします。せめて2ヶ月以内には住むことを前提に話をしたほうがいいでしょう。

春秋には引越しシーズンとなり、良い物件から先に埋まってしまいやすいので、早めに動き始めておいたいいでしょう。
その4:部屋の広さはどのくらい必要か考えておく
「広さ」は「家賃」に比例します。おおよそ1畳=1.62㎡で表示されます。

6畳の1部屋と、2畳ほどのキッチンがついた1Kほどの物件で、18㎡くらいと思ってください。一人暮らし向けの1Kなら17~20㎡の物件がほとんどです。

あと、バスとトイレが別々のタイプなら家賃は1~2万円アップするのが普通。
家賃はできるだけ安く・・・というならユニットバスタイプを選びましょう。
その5:自分のなかで条件の優先順位をつけてから不動産に行く
  • マンション or アパート
    木造アパートなどにすれば、マンションに比べて格安。ただし、防音がなされてないなど細かい欠点があったりする。家賃をガマンしてほかに回すこともできる。どちらを取るか?
  • 日当たり
    一般的には南向きの住まいが日あたりがよく、北向きが日光が射し込まないので暗めになる。日当たりはカビなどの問題にもつながるし、洗濯物の乾燥にも影響があるもの。エアコンで寒暖を保つなら冷暖房費もかかるので、よくかんがえよう。
  • 築年数
    新築はもちろん家賃が高め。ほかの条件が同じなら、築年数が10年以上になってくると、家賃も1万円ほど安くなる。あまり気にならないだろうが耐震偽造問題などもあったので、ちょっと古すぎる物件もこわい?
  • 騒音
    電車の線路沿いに住むと、家賃は安くなるが騒音がうるさい。できれば、その物件に実際にいって確認したほうがいい。電車が通るたびに地響きのような振動がおこる場所もあるので注意。逆に、日中は外出している人にとっては影響も少ないので家賃も安く、狙い目かも。
  • バス・トイレは別々?ユニットタイプ?
    家賃は高くなるが、風呂とトイレは別にしてほしいという人はゆずれないポイント。古い物件などではバスとトイレが別々でも同じくらいの家賃だったりする。

タグ

新生活・引越し 最新情報

関連ニュース